川口工業高校 定時制 給食室より

2020年9月の記事一覧

9月28日(月)

(献立)牛乳・シーフードピラフ風・厚揚げと青菜のピリ辛炒め・コンソメスープ・パイナップル

「牛乳」給食で一番多く登場する牛乳には、3色食品群「赤」。タンパク質と同様に脂質も多く含まれています。脂質は、3色食品群の「黄」で、元気のもと(エネルギー源)となり、カルシウムが豊富で、丈夫な骨をつくる材料となります。そのまま飲むのが手軽で、牛乳に含まれるカルシウムは体内に吸収されやすいので、毎日の習慣にしてはいかがですか。

9月25日(金)

(献立)牛乳・鶏肉と小松菜のスパゲッティ・しゃくし菜まんじゅう・コンソメスープ

「しゃくし菜まんじゅう」しゃくし菜は秩父の郷土野菜であり、標高が高い秩父地方では、白菜の代わりに栽培されております。しゃくし菜の葉は「しゃもじ」に似ていることが「しゃくし菜」の由来になったとも言われ、学術的には「雪白体菜(せっぱくたいさい)」と言われ、白菜にないシャキシャキとした食感で漬物にすると歯切れもよい野菜です。

9月24日(木)

(献立)牛乳・ご飯・鶏肉のオーロラ焼き・五目野菜炒め・中華スープ

「鶏肉のオーロラ焼き」は、フランス共和国の料理です。フランス語で「オーロラ」は「曙・明け方」の意味です。トマトによってピンクがかったオレンジ色になるソースが、明け方の空の色に似ていることからオーロラソースと名付けられました。日本ではマヨネーズとケチャップを混ぜて作るオーロラソースが良く知られていますが。今回は、ケチャップの代わりに「おろし人参」を使いソースを作りました。

9月23日(水)

(献立)牛乳・けいちゃん丼・メンチカツ・味噌汁

流行性コロナウイルスから、飲食店は大変な時代に入っています。そこで、川口工業(定時制)給食でも少しでも協力できないものか!!地域との交流を深められないか?と思い・・・川口市のお肉屋さんに「手作りのメンチカツ」をお願いしてみました。給食数としては少ないので、快く引き受けていただくことができました。調理スタッフには、食事直前に揚げていただいきました。お肉屋さんのメンチカツはお肉がたくさん入って、揚げたてなのでパン粉はサクサクとしていて、1個でも、とても食べ応えがあったのではないでしょうか。

9月18日(金)

(献立)牛乳・おっきりこみ風うどん・上海包子・牛乳寒天

「簡単牛乳寒天の作り方」牛乳寒天と言うと・・・寒天を水でふやかして、牛乳を温めてと、、、とても、大変なイメージがありませんか。そこで、考えた結果。鍋に、牛乳・粉寒天・砂糖を入れ沸騰させてみました。型にいれ冷蔵庫で冷やし固めるだけです。水を使わず、牛乳だけなのでとても濃厚な牛乳寒天に仕上がっています。今回は、みかんを使いましたが、パイナップルや桃などを加えても美味しいですよ。