川口工業高校 定時制 給食室より

2020年7月の記事一覧

7月30日(木)

(献立)牛乳・夏野菜カレー・フルーツポンチ

1学期も無事に終わりました。新型コロナウイルスの関係では、給食献立について、良きご理解・ご協力いただきありがとうございました。これから、3週間という夏休みに入りますが、夏バテをしないようにしっかりご飯を食べて2学期に元気な皆さんとお会いできることを給食スタッフ一同楽しみにしています。

7月28日(火)

 (献立)牛乳・海鮮丼・すまし汁

 本日の献立「海鮮丼」では、本校だけでなく他校からも問い合わせが・・・皆さんの期待している刺身?イクラ?ウニ?・・・残念ながら学校給食は生ものは提供出来ません。しかし、加熱してある魚介類は給食で提供出来ます。今回は、シーフードを使い中華丼風にアレンジしました。魚介の風味がして(調理スタッフの愛情も含め)美味しく出来上がりました。献立をみて楽しみに食べに来てくれた人数がいつもより多く、残飯も少なかったような(笑)

7月27日(月)

 (献立)牛乳・豚キムチ丼・中華スープ

 期末考査も無事?終わり・・・夏休みまでカウントダウンが始まりました。しかし、新型コロナウイルスや昨日の三郷市の自然災害(竜巻)また、梅雨が長引き川口市も少なからず影響を受けているのではないでしょうか。梅雨明けは、天気予報では、8月に入ってからということです。心身の体力回復できるように、皆さんの好きな献立を立てていますので是非、食べに来てくださいね。

7月22日(水)

 (献立)牛乳・ご飯・タンドリーチキン・ベーコンと野菜のソテー・中華スープ

【簡単タンドリーチキン】ホームパーティーなどのおもてなしやバーベキューでも大人気間違いなしの一品です。是非、夏休みに作ってみてください。

材料:鶏モモ肉(2枚)調味料A「プレーンヨーグルト(大さじ3)・ケチャップ(大さじ1)・カレー粉(大さじ1)・しょうゆ(小さじ2)・みりん(小さじ1)・塩(小さじ1)・おろしにんにく(少量)・おろししょうが(少量)」オリーブ油(適量)

作り方:①鶏肉に調味料Aを混ぜもみこんでおきます。②フライパンにオリーブ油を敷き①を焼きます。③お皿に盛付け完成。

7月21日(火)

 (献立)牛乳・ご飯・鰆の西京漬け・五目きんぴら・味噌汁

【鰆(さわら)】鰆は、良質のたんぱく質やビタミンB2・D・ナイアシンを含み、中でもカリウムを多く含んでいます。カリウムは体内の余分なナトリウムの排泄を促し血圧上昇を抑制する働きがあります。また、味噌や麺とよく合い、栄養の相乗効果をあげる食材の一つとして重宝がられています。さらに、頭の働きを良くするDHA・高コレステロールを改善するEPA・タウリンなど話題の栄養素もつまっています。

7月20日(月)

 (献立)牛乳・ご飯・ハンバーグ・オリエンタルソテー・コンソメスープ

【オリエンタル】とは、ヨーロッパから見た東のことで、「東方の・・・」「東洋の・・・」「東洋風の・・・」という意を表しています。主にトルコやアラブなどの異国情趣に対する好みをオリエンタリスムと呼び、ファッションではインドや中国、日本などのものまで東方的趣味という意味でオリエンタルと呼ぶらしいです。

 今回は、(顆粒)コンソメを使用しオリエンタルソテーとしてを給食で提供しました。

7月17日(金)

(献立)牛乳・ご飯・鶏肉とキャベツのオイスターソース炒め・ビッグ肉団子・しば漬け・パイナップル

「新型コロナウイルス感染症に負けない」給食時間の過ごし方

」まめに換気をしよう。「」く(6)か所の手洗いを徹底しよう。❝①手のひら②手の甲③指の間④指先・爪のの間⑤親指⑥手首❞「」るべく喋らず静かに食べよう。「」んずう(人数)を減らして密集を防ごう。「」すく(マスク)を必ずつけよう。「」んこう(健康)チェックを忘れずに!。「」んでも食べて元気な体をつくろう。「」ちど(一度)手にした給食は戻さない。

7月16日(木)

(献立)牛乳・ご飯・さつまいもの入りタッカルビ・ビッグ肉団子・しば漬け・もも

【さつまいもの豆知識】焼き芋をはじめ、おかずからお菓子まで様々な調理法で老若男女に親しまれている❝さつまいも❞実は豊富な栄養素を含む、低カロリーの美味しい食材です。その成分はデンプンでエネルギーの補給食品として古くから利用されています。食物繊維やビタミンCの含有量はいも類の中で、一番多いといわれています。

7月15日(水)

(献立)牛乳・ご飯・豚肉の甘味噌炒め・ビッグ肉団子・しば漬け・みかん

【味噌】味噌は私たち日本人に欠かせない❝調味料❞であり栄養豊富な❝大豆発酵食品❞としても知られています。味噌の起源は古代中国の食品だと考えられています。日本にいつ頃どのように伝来したかは、よくわかっていませんが「醤」という文字が日本で初めて見られるようになったのは「大宝律令」(701年)で「未醤」という文字が書かれており、これが「みしょう」➡「みしょ」➡「みそ」と変化していったといわれています。

7月14日(火)

(献立)牛乳・ご飯・チキンチンジャオロース・ビック肉団子・しば漬け・パイナップル

【チキンチンジャオロースレシピ】

・鶏モモ肉(80g)下味(醤油:2g・おろししょうが:2g・料理酒:2g)

・たけのこ(25g)青ピーマン(20g)人参(20g)

・調味料(ウスターソース:3g・しょうゆ:3g・砂糖:3g・こしょう:0.01g)

・油(1g)

作り方

1、食材は、全て細切りに切ります。

2、肉は、下味をつけておきます。

3、フライパンに油を敷き、肉・野菜を炒めます。(肉は、鶏肉を使用しているのでしっかり火を通します)

4、具材に火が通ってから調味料を加え混ぜ炒めます。

*簡単なので、是非、チャレンジしてみてください。

7月13日(月)

(献立)牛乳・ご飯・豚肉と小松菜のにんにく醤油炒め・ビッグ肉団子・しば漬け・桃

 夏は暑さで体力を消耗したり、逆に冷房で冷えて代謝が落ちたりしがちです。そんな時には、豚肉を食べるのが一番!「豚肉は良質なたんぱく源。体の細胞を作り、代謝を促す熱を作るのに役立ちます。」さらに「豚の代表的な栄養素ビタミンB1 は炭水化物をエネルギーに変え、疲労回復や脳の活性化につながります。」では、食べれば食べるだけいいかというと、このビタミンB1 は水溶性のため、せっかく食べても水分とともに流れ出てしまう可能性が。ところがアリシンを含む食材と一緒にとると、その流出が防げます。アリシンとは、ニンニク・ニラ・ネギなどに含まれる特有の香り成分のことです。食欲をそそる香りでもあるので、夏の豚肉料理に使うのは、一石二鳥!!今年の夏は豚肉を食べて元気に乗り切りましょう。

 

 

7月10日(金)

 (献立)牛乳・ご飯・肉団子と野菜の中華煮・シュウマイ・つぼ漬け・みかん

 今回の「肉団子と野菜の中華煮」は、肉団子と白菜・人参・玉葱・たけのこを使いました。食感の違いを意識し、味覚・触覚・臭覚を取り入れた献立に仕上げてあります。また、味も中華料理ということで濃いめの味付けとなっていたことから、残菜は無いほど、たくさん食べてくれました。(お弁当の提供の為、物足りない人も・・・)

7月9日(木)

 (献立)お弁当給食

     牛乳・ご飯・ゴーヤチャンプルー・シュウマイ・つぼ漬け・パイナップル

 沖縄料理Q&Aコーナー

 Q「沖縄に行くといつも思うのですが、沖縄のお弁当は大盛りで+αの天ぷらが付いています。なぜですか?」

 A「沖縄の天ぷらは、琉球文化において、祝い事や法事などの席で、豚肉・大根・昆布の煮しめ・カステラカマボコ・揚げ豆腐などとともに、重箱に詰めて振る舞われました。最近では、おもてなしや行事の場だけではなく、家庭料理としてもよく食べるのだとか」

 追伸:沖縄には「いちゃりばちょーで」という言葉があります。意味は、一度、会ったら誰でも兄弟さーという意味です。たぶん、その言葉通り、沖縄の優しさからではないでしょうか。

 

7月8日(水)

 

(献立)お弁当給食

    牛乳

    ご飯

    回鍋肉

    シュウマイ

    つぼ漬け

    モモ

 

 

 

  世界の献立

回鍋肉は中国四川省の料理です。お祭りの貢ぎ物として捧げた茹で豚の塊を祭りの後、美味しく食べられるようにと考えられた料理です。一度茹でた豚を再び鍋に戻して炒められるのが名前の由来となっています。本場四川の回鍋肉は、茹で豚と葉ニンニクを炒め豆板醤で辛く味付けられます。日本の回鍋肉は四川省出身の中華料理人が葉ニンニクを手にはいりやすいキャベツに変え、味付けはテンメンジャンの多い甘辛い味にし、調理しやすいように豚肉を薄切りにして日本に広め、その回鍋肉が一般的な回鍋肉になりました。

 

 

7月7日(火)

(献立)牛乳・ご飯・豚肉と野菜の炒め物・シュウマイ・つぼ漬け・みかん

 今回の「豚肉と野菜の炒め物」には、緑黄色野菜の王様と呼ばれているブロッコリーを食材に加えました。ブロッコリーはビタミンCをたっぷり摂取できる食材です。また、メイン食材の付け合わせなどでよく使われています。茹でるだけでも十分美味しくいただけますが豚肉と一緒に炒めたものにアレンジするのも絶品です。栄養満点なブロッコリーの炒め物を食べて風邪を引かない体つくりを目指しましょう。

7月6日(月)献立

 (献立)牛乳・ご飯・鶏肉と厚揚げ韓国風煮・シュウマイ・つぼ漬け・パイナップル

日々、新型コロナウイルスにストレスを抱え、ここ数日のニュースでは、「東京方面で、100人を超える患者が・・・」と流れ始めています。埼玉(川口)でも他人事では考えられませんね。本校では、今週からお弁当箱に詰めての給食が始まりました。早速、生徒から「何で、お弁当なの?」「初めて、給食でお弁当を食べた」「いろいろな物が食べれて、いいね!」「美味しい!」と興味深々に話しかけて来てくれました。先生方をはじめ生徒一人一人の協力と理解があっての給食ですが、生徒さんとのちょっとした会話で私たち(調理スタッフ一同)は、元気をいただいております。

7月3日(金)献立

(献立)牛乳・衣笠丼

 衣笠丼(きぬがさどん)とは、甘く炊いた油揚げと青ネギを卵でとじ、ご飯に乗せた丼物です。字違いの「絹笠丼」「信太(しのだ)丼」と呼ばれることもある。京都発祥のご当地丼とされるが中身は大阪などで食されている。狭義のきつね丼と同じであり、厳密には京都固有の呼び名です。

7月2日(木)献立

(献立)牛乳・スタミナ焼肉丼

 今回のスタミナ焼肉丼は「豚肉」を使用しました。豚肉は牛肉より栄養価が高く、「ビタミンB1」は牛肉や鶏肉にくらべて約10倍❕たまった疲れ・だるさ・肩こりがスッキリ・・・疲労回復の強い味方です。

 沖縄では、「豚は泣き声以外捨てるところがない」と言うほど、豚肉のあらゆる部位をうまく調理してます。豚肉をよく食べる沖縄に長寿者が多い理由のひとつには豚肉の食効があげられるようです。