日誌

2014年9月の記事一覧

川口市民体育祭

9/21に普段練習している青木町公園陸上競技場にて「川口市民体育祭」が行われ、本校から6名出場しました。

<100m>
12"5
12"7
12"7

<800m>
2'13"5

<5000m>
18'05"
18'16"

 非公認であるため、100分の1秒は省略しています。
 新人戦地区大会から1週間後でしたが、記録を落とさず、コンディションも整えて臨むことができたと思います。
 今大会は冬季を乗り終えるため、来年の春に結果を出すことが出来るようにするための課題見つけと位置づけました。
 短距離の1年生はまだまだ体が出来ていないので、サーキットやウエイトに専念して、この冬に強い体を作り、高負荷にも耐えられるように改造していきたいです。
 中距離の1年生に関しては全体的に基礎体力がないと感じました。スローペースであればラストで勝負できる走力はあります。しかし、攻めのペースでは最後の勝負まで持ちきれなくなるケースが見受けられました。
 長距離に関してはこれからペース走やビルドアップ走を組み合わせて、自分に合ったペースの模索に励み、全体的な体力強化に努めたいです。
 短距離は着々と体つくりを、中長距離は11月に行われるマラソン大会に向けて練習を進めていきます。

新人戦南部地区大会

 9月13日、14日に上尾運動公園にて『新人戦南部地区大会』が行われました。
 上位12名が熊谷で行われる県大会へ出場できる大会でもあり、参加資格のある1年生はこの日のために練習をしてきました。
 昨年の新人戦は三段跳で入賞し、川口工業高校からも県大会へ出場していたが、今年度はまだ力が足りず出場選手はいませんでした。

<100m>
12"78  (-1.8)
12"87  (+1.5)

<200m>
26"36  (-0.2) PB

<800m>
2'17"61         PB

<1500m>
4'51"54

 今大会は1年生のみで、高校へ入学して半年となるとまだ力がつかず、満足の良く結果が出なかったのは事実であります。しかし、他校でも活躍している1年生は多くいます。我々のするべきことは、『強い者よりも努力をする』ことで来年に結果を出すことです。
 その過程には記録だけではなく、練習から『自分に勝つ』経験を積まなければ花は咲かないでしょう。これから、具体的な課題と向き合い、一人ひとり目標に向かって走っていってもらいたいです。