日誌

2014年8月の記事一覧

夏休み最終練習

 本日で夏休み最終練習となりました。
 今年の夏は天候にも恵まれ、ほとんど予定通りの練習を積むことができたと振り返ります。生徒も暑い夏を乗り越え、共に汗を流した思い出はなすれることが無いでしょう。
 今年就学してきた1年生もそれぞれ与えられたメニューの意味を理解しながら、先輩に追いつけと一生懸命走っていたように思えます。

 一生懸命練習することはそれが試合の場面で大きな自信に変わるという話をしています。経験が無かろうと、スタートラインに立てば、持ち記録が上の選手であろうが、誰もが陸上の選手であり、勝った者が強者となります。

 新人大会までもう少しです。怪我に気をつけて頑張りましょう。

短距離、中長距離別練習

 本日は人数も増えてきたため、短距離ブロックは学校のグラウンドで、中長距離ブロックは戸田市の彩湖道満グリーンパークで別練習を行いました。
 私は彩湖道満グリーンパークの方に同行しました。ここで陸上競技部が練習するのは始めてであり、新鮮さもありました。もちろん選手も同じことを感じることができたでしょう。特に長距離に関しては400mトラックや学校の周りを何十周も走る練習を繰り返し、景色が変わらないのだから。また、彩湖に場所を決定したのも、川口工業高校のマラソン大会の会場として使っていることもある。
 
 練習内容は10kmのロングジョグ+2kmのクールダウンであった。昨日は学校のグラウンドで、3000m、2000m、1000mのペース走&タイムトライアルで疲労もあったためであります。(短距離は200mウェーブ走3×3で同様に疲労も溜まっていると思う。)
 選手は徐々に自分にあったペースを掴むことができてきたと感じます。なかなか練習でも通して10kmを走ることはしていないため、多少の不完全燃焼はあったと思いますが、今日は一つの指標とすることができたでしょう。

 お盆休みも設けたので、明日で夏休み前半を終える。ここまで天候と戦い良く頑張ってきている。新人戦に向けこのままの勢いで練習を積んで行きたい。
 一つ一つの努力が大きな成果と達成感を生む喜びを味わうことが出来るのは、練習を続けられる者かつ、自分の弱点を見抜き、自分に勝てる者である。

越谷市陸上競技選手権

 8月2日にしらこばと運動公園陸上競技場にて『越谷市陸上競技選手権』が行われました。
 本校からは5名が出場しました。

<100m>
11"68  (-0.8)  PB
12"68  (-0.1)  PB
12"93  (+0.7)

<5000m>
18'56"52  PB
21'38"68  PB

 今記録会は現時点までの力を知り、新人戦までの具体的課題を明確にするということを目標にエントリーしました。
 短距離に関しては一人ひとりビデオ撮影を行い、上体の起き上がりの早さや、中間での足のさばき方など、それぞれ課題を上げることができました。
 長距離に関しては国体まで中距離として練習してきたため、長い距離を走りきる根本的な『体力』がまだ不足していることに気づくことができました。
 大会中は35度を超える炎天下での戦いとなり、選手にとってもつらい部分もありましたが、天候に合わせたアップの仕方やコンディションの整え方を知る良い機会であったと思います。
 新人戦まで1ヶ月という日々を大事に大事にして、課題の克服と更なるスキルアップを目指して練習に取り組んでもらいたいと思います。努力を怠らないという強い『耐える・辛抱する力』を胸に、各自の掲げる目標へ向かって走ってもらいたい。
 お疲れ様でした。