日誌

2014年7月の記事一覧

鴻巣にて陸上教室に参加

 本日は鴻巣市陸上競技協会主催の陸上教室に参加させていただきました。
川口工業高校としては初めてであり、他校の選手とともに汗をかき、他校の指導者に練習を見てもらい良い刺激を受けたことと思います。

 私は跳躍が専門であるので、跳躍(走幅跳、三段跳)を指導させていただきましたが、他校の選手も強くなりたい向上心が強く、パワーを感じました。

 川口工業高校がこのような場に読んでいただけることは大変光栄なことであり、感謝しなければいけないと感じると共に、今後に活かし、成果で感謝の意を見せなければならないと思います。

国体予選南部地区大会

8月21日(月)22日(火)に上尾運動公園にて国体予選南部地区大会が行われました。
川口工業高校からは5名がエントリーし、競技しました。

<B100m>
12"73  (-0.8)  PB

<200m>
23"53  (+0.2) PB
26"21  (-1.2) PB

<1500m>
4'32"88  PB
4'43"05
5'12"24

<4×100mR>
48"04

<三段跳>
13m63cm (+1.0)  PB   4位入賞

 今大会は1年生のデビュー戦となり、自分の力を試すことを目標とし、臨みました。高校生となり、新たな練習メニューに体を慣れさせながらここまできました。完全に体が出来上がっているわけではありませんが、秋の新人戦に向けての指標となればと思っていました。結果はやはりまだまだこれからといったところです。本人たちが可能性を感じながらも無力さに気づいてくれればよいと思います。
 3年生は日々の成果が出たといえます。自分に厳しく耐えてきた練習が実になったと感じます。また、文武両道の実現も3年生はできていると私は思っています。
 今大会は実力がそのまま結果となった大会でした。次は8月2日の越谷陸上競技選手権に向け練習を積んで行きたいです。

大会前の調整

本日は午前中授業だったので、午後から青木町公園へ移動し、練習を行いました。
来週から国体予選南部地区大会が上尾で行われるので、今週から調整メニューで練習しています。
ブロックも3つ(短距離、中距離、跳躍)に別れ、高負荷なトレーニングが行えました。
短距離はタイムトライアル走、跳躍は全助走跳躍、中距離はインターバル走、タイムトライアル走でした。

追い込みメニューではあったものの、試合で結果を出すためにと生徒は一生懸命取り組んでいました。
その『試合で結果を出すために』という強い気持ちを常にもって、アップの段階から気持ちを高められれば、雰囲気も良くなり、部の活性化にも繋がると思います。まずは一人ひとりの心構えから始まることと考えます。
炎天下の中での練習であったため、学校に戻った際、水浴びをさせました。体のケアをしっかり行い、疲れを残すことなく、明日からの練習に備えることにも気を使ってもらいたいです。

期末考査

本日は青木町公園で練習しました。
台風が過ぎ、炎天下での練習で生徒も堪えているようでしたが、大会もこのような状況で行われるものなので、耐えるだけでなく、高パフォーマンスの発揮も求められます。
1年生は特に、慣れることも大切であるので、水分補給、休憩をしながら自分を高めていきたい。

期末考査が今週で終わりました。結果も大切であるが、大会同様、次にどうつなげるかが求められます。それが『成長』というのです。
文武両道の大切さを生徒も自覚して日々励んでもらいたいです。