日誌

2019年10月の記事一覧

第71回川工祭

 令和元年10月27日、薄曇りの中、第71回川工祭一般公開が行われました。

 今年のテーマは、「気持ちを一つに、歴史を刻む川工祭 ~文化と工業の二つが合わさる川工の輝き~」でした。

 入場門には、直径3mのダヴィンチボールのモニュメントがあり、機械研究部の手作りエコカー試乗体験、校内でも川工フレンドパーク、キーホルダー刻印体験、さらに今回新たに機械科有志の課題研究作品展示や定時制の作品展示も行われました。他にも普通高校の文化祭とは違った、工業高校ならではの企画が数多くありました。

 また、同窓生交流広場や、PTAの皆さんが出店した「お母さんのじゃがバター」も大盛況でした。

 生徒達も楽しい雰囲気の中、文化祭を楽しんでいたようです。

 

0

第1回学校説明会

 令和元年10月19日、霧雨が舞う中、本校において第1回学校説明会が開催されました。

 本校生徒も登校して通常授業を行っている中、班ごとに実習棟施設やHR棟を巡り、普段の授業の様子を見学していただきました。見学ガイドの先生方の説明を真剣に聞いていた中学生達や、実習の様子を興味深く見学していた保護者の方々の姿が印象に残りました。

 その後、体育館で本校の概要説明をさせていただきました。説明会の最後には、野球部員による校歌紹介があり、普段の部活終わりにグランドで歌っているような大きな声で歌ってくれました。

 

0

救急法実技研修会

 令和元年10月10日、2学期中間考査期間中の午後の時間を使って、教職員向けの救急法実技研修会が開催されました。講師はかつて本校工業科教諭として勤務されていた、日本赤十字社埼玉県支部指導講師の須永先生にお願いしました。

 須永先生による概要説明の後、実際にCPR(心肺蘇生)練習用人形を使って人口呼吸や胸骨圧迫の練習をしました。

 ①圧点を正確に。②圧迫強度は胸骨5cm沈下を目安。③リズムは100~120回/分。これらの注意事項を意識して、胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を1セットとして、約3分間連続して行いました。前半はリズム良く出来ていましたが、思ったより体力を消耗してしまい、後半はリズムが乱れてしまいました。実際の救急の場面では、複数人で交代しながら対応しなければならないと痛感しました。

 その後、AED(自動体外式除細動器)の使い方などを、改めて確認しました。

 11月のマラソン大会等で救急の場面があったとしても、今回の研修を踏まえ、慌てずに対応していきたいと思います。

 

 

0