川口工業高校 定時制 給食室より

2月3日(水)

(献立)牛乳・中華丼・中華スープ・青菜のおひたし

野菜は毎日たっぷり食べるように心がけたいものですが、調理法が間違っていると大切な栄養素が壊れてしまいます。ほうれん草や小松菜などの青菜は、茹で方次第で酵素が活性化し、変色してしまいます。また、長時間お湯に入れておくことで栄養素が逃げてしまい、食感や味が落ちてしまいます。そうならないために「たっぷりのお湯」でサッと茹でたら冷水にすぐに入れ、しっかりと水を切り冷蔵庫に入れ冷やします。今日は、中華スープに「小松菜」青菜のおひたしに「ほうれん草」を使用しています。調理スタッフの適切な調理工程に今日も色鮮やかに仕上がり栄養素豊かに仕上がりました。