川工日誌

学校保健委員会講話

テーマ『食事と水分と健康と学習の話』として、1学期に全校生徒を対象に実施したアンケート結果を元にして、学校保健委員会から講話がありました。
 要点は次の通りです。
 〇朝食を全くとっていない生徒は、全校生徒の12%。
 〇朝食をとらないと、体内のブドウ糖が不足して授業に集中できない。
 〇学校内での水分補給は、自動販売機の炭酸飲料からが多い。
 〇炭酸飲料500mL中には、約50gの砂糖が入っている。
 〇砂糖は、ビタミンB1やアリシンという物質と一緒に摂取しないと、吸収されす、
  逆にだるさの原因となる。
 〇ビタミンB1は、豚肉・大豆・レバー・うなぎ・玄米に多く含まれる。
 〇アリシンは、ニンニク・ニラ・長ねぎに多く含まれる。
スライドを用いた講話を生徒たちは熱心に聞いていました。
今学期末に再度アンケートを行います。
生活が、さらに改善されていることを期待しています。