日誌

人格者になる

 令和元年716日、本校体育館において、暴力根絶教室「命の尊さを学ぶ教室」が実施されました。講師の佐藤咲子さんは、高校生の時に故郷の岩手県で、ご両親を強盗殺人事件で亡くされた犯罪被害者の方でした。50年以上経過した今でも、当時の感覚や感情がありありと残っていることが分かるお話で、犯罪被害者の方の心には時効がないことが分かりました。

 生徒のためにつらい心情をお話しいただき、本当にありがとうございました。

 最後には「人格者になってください」との温かいメッセージもいただきました。