日誌

弱電

弱電部 番外編 (電動車いすの製作) その4

  納品されたプーリーが、1390gととても重いのでこれを何とか軽量化
 出来ないかと、本校の機械研究部の顧問の先生に相談した所、見違え
 るようになって帰ってきました。
 
   
     軽量化前 1390g          軽量化後 495g
 
  本校の機械研究部は、毎年エコカーコンテストに出場し好成績を収めて
 います。(全国6位に入賞した実績があります)そのため部品の軽量は、
 必須条件です。
 
  その技術力の高さに感服いたしました。ありがとうございました。
 これを使い試作2号機を作りたいと思います。
0

弱電部 番外編 (電動車いすの製作) その3

    ゴム足をつけていることで乗り心地は良くなり、前後の移動がスムースに
    なりました。旋回するときは右のモータを正転・左のモータを逆転すること
    により左に、モータをその逆に動作させて右に曲がっていました。
 
     しかし、曲がる時に本来逆転をさせる方のモータを停止状態で行うと、
    ゴム足がかなりの頻度でとれてしまうことがわかりました。
    人が乗っていない場合は大丈夫ですが、大人が乗ると特に・・・・・・。 
    そこで、この組み合わせに替えて両方に歯がある、ダブルタイミングベ
    ルトが使えないかと思い購入してみました。   
    下の写真がそのダブルタイミングベルトとプーリーです。
    
           
          
         ダブルタイミングベルト     ダブルタイミングベルト      
              (三ツ星 DT-25-110)    (上と下に歯があります)
 
      プーリー (三ツ星 PT10-25-28A)
 
    これで、うまくいくかわかりませんが、やってみようかと思います。
    プーリーがとても重いので、どの程度軽量化出来るのかが鍵です。
 
    この後、コントローラをジョイステック化してラジコン操作が出来るように
    することが当面の目標です。 
          
 
 
 
0

弱電部 番外編 (電動車いすの製作) その2

     足の部分は最初、アタッチメント付きチエーンをモータの軸にプーリをつけて回転
    させ、そこに自動車のタイミングベルトを裏側にして取り付けていました。
     左下がその材料です。それだと、回転しているチエーンとタイミングベルトの接続
    部で回転にむらが出てしまいました。これを解消するためにアタッチメントのひとつ
    ひとつに、ゴムの足を片方に付き約200個、合計400個をネジ止めしました。
    気の遠くなるような作業の末、出来たのが右下の足の部分です。     
  
        
     上からタイミングベルト、プーリー         改良後の足の部分
     アタッチメント付きチエーン
 
    これにより、回転むらがなくなりスムースになりましたが、次の問題が出てき
    ました。ここの部分の改良をただいま検討中です。 
         
 
0

弱電部 番外編 (電動車いすの製作)

          川口商工会議所が主催する川口リンクに本校の弱電部も参加しています。
    ことの始まりは、川口リンクさんが本校にオリジナルの手押し型の車いすを
    持ち込んで、コラボで車いすを開発しようと誘っていただいたことにあります。  
                   
         そして、生徒よりも顧問の方がその気 になって今に至っています。
         いままで、試作を作ってきましたが試作第2弾の製作リポートが出来ればと
         思っています。
     まず最初に作った試作機1号です。左下がその全景で、右下が足の部分
    で(キュタピラ) になります。この1号機は、新聞等に取り上げて頂きました。
    詳しい内容は、トップページのトピックにあります。
 
                                                      
                                                            
         キャタピラというのは会社名なので、クローラ・無限軌道というのが正しい
    そうです。                                                    
     
0

弱電部のページへようこそ 


  こんにちは 弱電部 のページにお越しくださいましてありがとうございます。
  
  弱電部は、ただいま部員6名で活動しています。その主な活動内容は、
 
  TOPページのトピックにあります。 どうぞご覧下さい。
 
     また、川口商工会議所とコラボで電動車いすを製作しています。
 
  平成22年度  活動報告
 
    ① 6月15日(火)埼玉会館で行われた、第27回埼玉県高等学校総合文化祭
    開会式・第34回全国高等学校総合文化祭壮行会に参加してきました。
     当日は、アマチュア無線専門部代表として日々の活動をビデオを交えなが
    らステージで発表してきました。
 
                          
                    オープニング                 エンディング
 
  ②  7月24日(土)関東工業自動車大学校で行われた、第11回高校生ロボット
     コンテスト「キャリアロボット部門」に出場しました。
 
                           
 
  ③ 9月25日(土)~26日(日)大宮ソニックにて、第3回埼玉県ものづくり教育フェア
     で開催された、全国高等学校ロボット競技大会埼玉県予選に出場しました。
      僕たちと一諸に、情報通信科3年生が課題研究で制作したロボットが4位になり
            全国大会に出場しました。

                                     

  ④ 10月1日(金)森林公園で開催された、「フォックスハンティング大会」に出場しま
     した。
    
                                               
 
  
  ⑤ 10月11日(月)川口グリーンセンターで開催された「かわぐち技能フェスタ」に参加
     しました。
 
                             
                   製作したシャボン玉発生器 (後ろからサーキュレータで風を送ります) 
  
  ⑥ 11月6日(土)・7日(日)文化祭に、作品展示で参加しました。
 
               
                     展示したロボット
 
  ⑦ 11月24日(水)三郷工業技術高校で行われた「CWコンテスト」に参加しま
          した。当日部員達は初めて聞くモールス信号と悪戦苦闘をして頑張りました。
      また、10月1日から1ヶ月間行われたアマチュア無線コンテストで、部員
         みんなで無線交信をしました。
 
                                        
 
  ⑧ 平成23年1月のオール埼玉コンテストに出場予定です。
     オール埼玉コンテストですが、在校生と、OBのみなさんとのスケジュール
     が会わず、コンテストの日に集合することが出来ませんでした。
 
    例年コンテストの日に合わせて昼食会(みんなで鍋を食べながら)で、在校
    生とOBの交流を図っていたのですが、今年は1月8日(土)となってしまっ
    た関係でコンテストには参加できませんでした。
 
    来年はコンテストに合わせて交流会をすることが出来ればと思います。
    お忙しい中、お集まり頂いたOBの皆様ありがとうございました。
 
  弱電部としての本年度の活動は全て終了いたしました。
  例年これで、活動はせず、必要に応じて部会を開催する
  程度でしたが、本年度は川口リンクに参加して、電動車
  いすを製作しています。
  その活動をレポートできればと思います。
 
  ご購読ありがとうございました。
 
                          川口工業高校    弱電部   
 
 
  
 
   
0