川口工業高校 定時制 給食室より

給食日誌

1月25日(月)

(献立)牛乳・かやくご飯・味噌汁・豚肉アップルソース焼き・ほうれん草ソテー

「かやくご飯」のかやくの意味は、ゴボウや油揚げなどの具を加えて炊きこんだご飯のことを、炊き込みご飯や五目ご飯と呼びますが、関西の方では“かやくごはん”と呼ばれます。本来の調理方法は米の中に具材と調味料を加えて一緒に炊き込みますが、給食では、塩分制限から、ご飯は普通に炊き、具材は炒めてから濃いめに煮込み、ご飯と具を混ぜ合わせてあります。

1月22日(金)

(献立)牛乳・野菜たっぷりタンメン・鶏肉の照り焼き・オレンジゼリー

「タンメン」とは、主に関東地方で食されている日本の麺料理です。関東や横浜タンメンに似せた岐阜タンメンと言うものもありますが、こちらは辛みダレを加え「酢もやし」を付け加えてあることが特徴と言われています。今日のタンメンは「あんかけ」にすることで、寒いこの季節は最後まで温かく食べられました。

1月21日(木)

(献立)牛乳・ご飯・すまし汁・すき焼き風煮・白身魚のフライ

今日の「すき焼き風煮」は、学校給食献立レシピです。牛肉は使わず豚バラ肉を使用しています。牛肉と違い、優しい味付けでしたので、五感を楽しんでもらえる一品となりました。

1月20日(水)

(献立)牛乳・うま煮丼・即席漬け・味噌汁・リンゴ

 うま煮丼には、肉類・魚介類・きのこ類・根菜・葉物野菜等の具をたくさん取り入れ、煮込むことで「旨味」が合わさり、絶妙な味となります。また、たくさんの具材が使用されているので、えいよう満点の一品です。

 

 

1月19日(火)

(献立)牛乳・ご飯・味噌汁・さわらの西京焼き・豚肉と野菜の味噌炒め

豚肉と野菜の味噌炒め:豚肉(60)キャベツ(85)ピーマン(20)人参(40)おろし生姜(1)おろしにんにく(1)炒め油(1)料理酒(6)砂糖(2)塩(0.1)醤油(2)味噌(6)ごま油(1)

 みそ味の野菜炒めは、みその風味とまろやかさがあります。いつもの野菜炒めが飽きたら、是非、作ってみてください。

1月18日(月)

(献立)牛乳・わかめご飯・味噌汁・お煮しめ・白菜の浅漬け

お煮しめとは、ひとつひとつの食材に縁起を担いだ意味が込められたさまざまな山の幸が、一つの鍋で一緒くたに煮られることから「家族が仲良く結ばれますように」との願いが込められています。

1月14日(木)

(献立)牛乳・ご飯・すまし汁・ささみチーズフライ・青菜のオイスターソース炒め

 今日の給食は、鶏のささみ肉の他に、豚肉もも肉を使用しています。そこで、肉の栄養効果を知って、給食を楽しんでいただければと思います。【牛肉:タンパク質と鉄分の王様】貧血や風邪の予防、味覚障害の改善、成長促進【豚肉:ビタミンBを摂るならコレ!】疲労回復、ストレスの緩和、風邪の予防、体の皮膚や神経を健康に保つ【鶏肉:ビタミンAとコラーゲンの宝庫】カルシュウムの吸収や皮膚の保水性をアップ肌荒れの防止、美肌づくりに最適

 積極的に食べて健康な身体を作りましょう。

1月13日(水)

(献立)牛乳・三食丼・紅白なます・味噌汁・みかん

 現代社会では、おせち料理を食べる人が減ってきています。そこで、定時制の皆さんに日本伝統のおせち料理を味わってもらいたく「三食なます」を献立にしました。ここでは、おせち料理の意味を簡単に乗せさせてもらいます。「栗きんとん」黄金の財産を表します。「伊達巻」学問成就「黒豆」まめに暮らす「数の子」子孫繫栄「海老」腰が曲がるまで長生きを願う「紅白なます」平安を祈る。など・・・

 新型コロナウイルスがまだまだ終息がみられませんが、「紅白なます」を食べて一日も早く(平安の生活)を取り戻せたらと願います。

1月12日(火)

(献立)牛乳・冬野菜カレー・巣ごもり卵・フルーツヨーグルト

新年あけましておめでとうございます。2021年も始まりました。学生生活を豊かに過ごせるように、栄養満点な食材を考え、愛情こもった給食を提供していきます。今年もよろしくお願いします。

12月23日(水)

(献立)牛乳・豆ときのこのビーフシチューライス・鶏のマーマレード焼き・ふっかちゃんサラダ・チョコレートケーキ

 今学期、最後の給食でした。一日早い、クリスマス(行事食献立です)ビーフシチューに使用されたお肉は、埼玉県深谷市で飼育された「武州和牛」です。大きめにカットされたお肉でしたが、お肉に程よい霜が入っていたことで、煮込んでも硬くならずに、スプーンで簡単に切れるので、本格的に近いビーフシチューが味わえたと思います。3学期の給食は、1月12日(火)からです。給食スタッフ一同、心のこもった、温かい給食を作ってお待ちしております。