日誌

陸上競技

陸上競技部 2021年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年を振り返ると

 

8月 学校総合体育大会 南部地区大会

◎男子総合5位(フィールド優勝)

・200m(4位)・400mR(4位)・3000m障害(9位)・円盤投(1位、2位)・ハンマー投(1位、2位、6位)・三段跳(4位)

 

   ※県大会は中止となったため、以下、県ランキング記載

学校総合体育大会 埼玉県大会(ランキング)

・200m(13位)・400m(9位)・円盤投(5位、12位)・ハンマー投(7位、9位)・三段跳(12位)

 

9月 新人戦 南部地区大会

・ハンマー投(1位・9位) ・円盤投(1位・11位)・1500m(11位)・4×100mR・4×400mR

   ※県大会出場 7種目 11名

 

9月 新人戦 埼玉県大会

・ハンマー投(3位)・円盤投(6位)

   ※ハンマー投 関東大会出場

 

10月 関東大会

・ハンマー投(18位)

 

11月 高校駅伝 埼玉県大会

・37位 2:29'05(42.195km)         ※川口・蕨・戸田市内2位

 

と大躍進した年だったと感じます。南部地区で総合5位や県入賞、関東大会出場、駅伝も川口蕨戸田市内で2位取れて選手たちは非常によく頑張りました。

 コロナ禍で練習に制限がかかる中でも、練習メニューを模索し、集中して取り組めば結果が出ることもわかりました。

 2021年も昨年以上の結果が残せるように、加えて選手全員の『人間的な成長』『組織力』が向上できる部活動にしていきたいと思います。

 今年も川口工業高校陸上競技部をよろしくお願い致します。

                             川口工業高等学校 顧問 前田薫

陸上競技部 2学期末考査

 2学期末考査が12月7日~10日に行われました。

 毎回のことですが、陸上競技部では考査1週間前から練習後は揃って勉強会を行ってきました。

 3年生もこの勉強会には自主的に集まっていたので感心しました。

 テストが終わったら2020年を締めくくるためにも再度練習に精を出してもらいたいです。

陸上競技部 校内マラソン大会

11月25日に彩湖道満グリーンパークにて川口工業高校マラソン大会が行われました。

学校行事でありますが、部活動の生徒が中心となって準備し、運営している行事でもあります。

特に陸上競技部の中長距離ブロックとしては結果を残したい行事でもあります。

距離は彩湖2周の約10kmを走りました。

<結果(陸上競技部の入賞者のみ)>

1位 浅香 幸希  32'56

2位 桐生 太稀  33'33

3位 松井 蒼空  34'16

4位 中村成次郎  34'30

5位 冨田 俊介  34'33

6位 久保田昭成  35'02

7位 落合 勝也  35'36

12位 疋田 晏士  36'28

13位 加納 琉生  37'00

 中長距離メンバーはさすがで、上位独占することができました。小雨が降る中の悪天候でしたが、今までの練習成果をこのような形で結果として残せたことは素晴らしいと思います。

 本当によく最後まで走り切りました。3年生は一先ずここで練習参加は終わりとなります。引退せずによくここまでチームのため、自分のためここまで走り抜いてきてくれました。

 必ず自分の為になることでしょう。

陸上競技部 越谷カップ(今シーズン最終戦)

11月14日、15日にしらこばと陸上競技場にて越谷カップが行われました。

今シーズン最後の記録会となります。

<100m>

疋田 晏士  11"45(+0.9)

萩倉 海斗  11"49(-0.4)

レー クァン 11"93(+1.1)

吉原 尚弥  12"03(0.0) PB

小嶋 向志  12"11(-0.5)

高橋 幸太  12"63(+0.7) PB

大沢  心  13"30(+0.1)

<200m>

 

<400m>

レー クァン 53"57 PB ※川工歴代16位 

高橋 幸太  1'00"50

大沢  心  1'02"69 PB

<800m>

加納 琉生  2'22"25 PB

<1500m>

浅香 幸希  4'17"24 PB ※川工歴代14位

桐生 太稀  4'22"60

久保田昭成  4'26"33

落合 勝也  4'28"81

松井 蒼空  4'29"80 PB

中村成次郎  4'31"01 PB

冨田 俊介  4'32"15

疋田 晏士  4'37"02 PB

加納 琉生  4'57"27

岡崎  龍  4'57"99 PB

<5000m>

浅香 幸希  16'16"34 PB ※川工歴代9位

桐生 太稀  16'40"38 PB ※川工歴代13位

久保田昭成  16'57"60 PB ※川工歴代14位

松井 蒼空  16'59"74 PB ※川工歴代16位

中村成次郎  17'23"20 PB ※川工歴代19位

冨田 俊介  17'31"13 PB ※川工歴代20位

落合 勝也  17'22"13

岡崎  龍  19'18"21 PB

<4×100mR>

吉原・萩倉・小嶋・疋田  44"49

高橋・レー・大沢・木村  49"18

落合・浅香・中村・久保田 50"07

昆・桐生・松井・岡崎   50"96

<4×400mR>

萩倉・レー・落合・疋田  3'33"80

桐生・浅香・中村・久保田 3'48"01

松井・加納・岡崎・冨田  4'00"87

小嶋・高橋・大沢・吉原  4'08"38

<砲丸投>

昆  冠汰  8m31

 

中長距離の活躍が目立った気がします。気温も寒かったせいもありますが。リレーは毎年恒例の複数チーム参加しました。ABCDの4チームの16人が4×100mR・4×400mRに参加し、今シーズンを締めくくりました。

中長距離に関しては11月末にマラソン大会があるので、また活躍してもらいたいと思います。

陸上競技部 高校駅伝埼玉県大会 37位 (川口・戸田・蕨市内2位)

 11月4日に熊谷スポーツ文化公園にて全国高校駅伝埼玉県大会が行われました。

 本校からも単独チームで出場し、私が顧問になってから最高順位の37位でゴールすることができました。

 同時に、川口・蕨・戸田市内の高校の中では川口市立高校に次いで2番目となることもできました。

 

<結果>

1区 浅香 幸希 34'42(10km) 

2区 冨田 俊介 10'10(3km)   

3区 桐生 太稀 28'14(8.0975km)    

4区 落合 勝也 30'26(8.0975km)    

5区 中村成次郎 10'27(3km)   

6区 松井 蒼空 17'36(5km)  

7区 久保田昭成 17'30(5km) 

総合2:29:05(42.195km) 37位  ※川工歴代15位

 

風が非常に強く、気温も高くコンディションとしてはあまり良くなかったと言えます。30位以内を目標にしていたので、少し順位については残念でしたが、選手は非常によく戦ってくれました。

今までの練習を思い出し、最後の最後まで襷を繋げようとする姿はとても格好良かったです。

3年生4名もこの駅伝まで練習を続けてきてくれたことに後輩も感謝しなければなりません。

短距離メンバーもトランシーバーを使い応援お疲れさまでした。

次は2月に行われる、新人南部地区駅伝大会があります。1・2年生は力を合わせて戦ってもらいたいです。

 

陸上競技部 平成国際大学記録会

10月31日に上尾運動公園で平成国際大学記録会が行われました。

今シーズン上尾で競技するのは最後となります。3年生も引退せずに出場しています。

<100m>

吉原 尚弥  11"59(+3.2)

小嶋 向志  11"83(+0.2)

大沢  心  12"65(+1.9)  PB

<400m>

疋田 晏士  50"19 ※高校生トップ

レークァン  54"33  PB

浅香 幸希  55"82  PB

桐生 太稀  55"86  PB

落合 勝也  56"26  PB

久保田昭成  57"25  PB

松井 蒼空  57"40  PB

高橋 幸太  58"07  PB

中村成次郎  58"07

冨田 俊介  59"41  PB

岡崎  龍  1'01"85  PB

加納 琉生  1'04"26

<三段跳>

萩倉 海斗  13m02(+0.2) ※高校生トップ

<ハンマー投>

木村 優人  40m26 ※高校生トップ

<砲丸投>

昆  冠汰  8m37

 

中長距離は4日後の全国高校駅伝の調整として400mに参加し、ほとんどがベストで調子がよさそうでした。

短距離は越谷カップがまだあるので、今回満足できなかった点を修正し、次回に生かしてもらいたいです。

陸上競技部 関東大会出場記念 横断幕

この度、陸上競技部の木村優人がハンマー投で関東大会出場することになり、記念に横断幕を作っていただきました。

日々精進し、インターハイ出場に文字が変われるよう、頑張ってもらいたいです。

陸上競技部 関東大会 ハンマー投げ 18位

10月24日に群馬県の正田醤油スタジアムで『関東新人選抜大会』が行われました。

 春の学校総合体育大会・関東大会は中止となり、円盤投県5位だった3年生の吉原尚弥は関東大会への切符を手にしていたものの、その舞台での勇姿を見ることができませんでした。

 その後輩にあたる木村優人はハンマー投げで県大会3位となり、この度の関東新人に出場することができました。先輩の吉原を付き添いに連れて、戦ってきました。

<結果>

ハンマー投  木村 優人  36m44 18位

 

決勝進出を目標にしていましたが、まだまだ力が足りませんでした。しかし、この大会を通して、彼の目標は『関東大会出場』から『インターハイ出場』へと変わりました。

来年のインターハイ出場に向けて、いい経験ができたと思います。

陸上競技部関東大会結果

 10月24日(土)

 正田醤油スタジアム(群馬県)で行われる新人関東選抜大会に

 ハンマー投げにて出場しました。

 応援していただきありがとうございました。

 結果は、決勝に進むことはできませんでした。

 今後の活躍に期待をしてください。

 

 

陸上競技部 川口市民選手権

10月4日に青木町公園にて川口市民選手権が行われました。

今年も残すところ記録会はのこり3回となりました。1回1回の試合を大事にしていきたいです。

<100m>

小嶋 向志  11"98 (-0.4)

レークァン  12"37 (-1.8)

<200m>

疋田 晏士  22"66 (-0.5)

萩倉 海斗  23"08 (+1.8) PB ※川工歴代14位

高橋 幸太  25"88 (-0.1) PB

<800m>

松井 蒼空  2'07"88

<1500m>

桐生 太稀  4'19"92

久保田昭成  4'22"63 PB ※川工歴代18位

落合 勝也  4'27"38

冨田 俊介  4'29"38 PB

中村成次郎  4'34"40

加納 琉生  4'56"73 PB

岡崎  龍  5'01"30 PB

<5000m>

浅香 幸希  16'21"50 PB ※川工歴代9位

<円盤投>

吉原 尚弥  34m54 PB ※川工歴代1位 ※2位入賞

木村 優人  31m64

<砲丸投>

昆  冠汰  8m61 PB ※川工歴代3位

<走高跳>

大沢  心  1m55

 

いつも練習している競技場でリラックスして試合ができたのかなと思います。ベストが出なかった選手に関しては気温の変化をうまく利用してアップができなかったと思います。これからは、アップの時間や内容も考えていかなければいけないと思います。

次は関東大会や平成国際大学記録会となります。もう一度練習しなおし、記録を出せるように努力していきたいです。